ホーム > タグ > 統一セブンイレブン

統一セブンイレブン

統一セブンイレブン 統一超商 7-ELEVEN

マイスターの主な台湾マーケティング販売チャネル

 

■統一セブンイレブン 統一超商 7-ELEVEN

 

統一超商股份有限公司

設 立 1978年

会 長 高清愿

社 長 徐重仁

資 本 金 91.51億元

売 上 高 1017.6億元(2009年)

従  業 員 数 8,000人以上

店 舗 数 全国約4780店舗

商業施設拠点 33店舗の大型複合商業施設

加盟店構成比 89.47%

本 社 住 所 台北市110信義区東興路65号2

台湾コンビニエンスストア市場シェア 52%

店舗数

台湾 4780

中国 82

フィリピン 632

中国大陸へは2004年より参入現在、1日の平均売り上げは2万元(日本円で約30万円)までに成長。日本に比べれば半分程度の水準だが、上海で先行する他日系コンビニの2~3倍に及ぶ、という。中国では北京上海を中心に2012年に165店舗、2015年に300店舗を目指す。

台湾にはキヨスクはないので,セブンイレブンがその役割を兼ねています。店舗に厨房を設け、できたての弁当を販売する『快餐島』やコーヒーメーカーで挽きたてを提供する『シティカフェ』を展開。台湾と日本のセブンイレブンを比べた場合,台湾ではその場で焼いたり,煮込んだり,電子レンジを使ったりする簡易調理で食べるものが多く、おでんは串ものを中心に日本の数倍の売り上げを記録している。日本では調理が出来上がったものを購入するが,台湾では調理途中のものを購入し,その場でセルフ調理する形式が主流。

■7net (www.7net.com.tw/)

台湾のセブン・イレブンが展開する EC サイト。台湾ECサイトアクセスランキング4位。
生活用品からカップ麺や菓子類などを販売。
日本服飾館(日本のアパレル)のカテゴリでは、ニッセン、千趣会、セシールの3ブランドを展開

マイスター株式会社は、台湾を基点としたアジア市場(主に台湾・中国・ベトナム・フィリピン・韓国)への、日本企業の価値増大を支援する事業を展開します。多様な販路との提携により、スピードを持って日本企業のビジネスに貢献いたします。
日本企業として高品質の商材の台湾及びアジア市場へ拡販参入をご検討の企業様に、当社提携ネットワークをご利用いただき、現地メディアを活用した商品のPRから具体的流通チャネル開拓、大手小売店バイヤー、商社等へのサンプリング提供や商談取引オファーマッチングなど、トータルでサポートさせていただきます。台湾アジア市場における日本企業のベストパートナー「統一企業集団」の強力なマーケティングチャネルを是非ご活用ください。

お問い合わせはこちらよりお願いします。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > タグ > 統一セブンイレブン

Return to page top